病院薬剤師募集

病院薬剤師募集中!今こそ病院薬剤師になれるチャンス!

病院薬剤師募集に応募するにはどうれば良い?

 

薬剤師求人募集と言えば薬局勤めがイメージがありますよね。しかし、本当にそうなのでしょうか?
病院薬剤師募集も選択肢に入っても良いのではないでしょうか?薬剤師という特殊な資格を持っているのならもっと
選択肢があってもおかしくないですよね?病院勤務もひとつの選択肢だと思います。意外と病院薬剤師求人募集は
たくさんあります。
このサイトではそんな環境で薬剤師の皆さまが求人募集で上手く転職できるようにアドバイスして行きたいと
思います。

 

病院薬剤師募集中!今こそ病院薬剤師になれるチャンス!

 

病院薬剤師になるということは?

薬剤師といえばサラリーマンと違い資格職です。サラリーマンからしてみれば何が不満なのか?と思われてしまい
ます。でも、そこは薬剤師特有の問題があります。
1)薬剤師の勤務地はほとんどが調剤薬局です。病院勤務は比較的に稀と言えます。調剤薬局というのはそんなに人数
 が多いところでなく少人数でやっているところがほとんどです。そうなると病院勤務と違い人間関係が結構、重要
 になってきます。人間関係が良好でしたら良いのですが相性が悪い人となると毎日、顔を会わせないとなり苦痛に
 なります。また企業と違い職場の転換願いもできません。従って結局、職場を変えるしかないのです。
2)スキルアップ、キャリアアップを目指して転職される方も多いです。元々、資格職なので当然の結果と言えます。
 サラリーマンと違い自分に自信があれば給与の高いところ、処遇が良いところに行きたいのは当然の結果と言え
 ます。そうなると病院勤務もその選択肢のひとつになります。
3)病院勤務をしていると当直や夜勤というのがあります。結婚し、育児をしていかなければならなくなったとして
 その勤務体系を続けらえるか心配で転職を考える方もいます。ライフスタイルを考えて転職される方が多いのも
 事実です。病院勤務と言ってもそのデメリットを考えておいた方が良いかもしれません。
4)薬剤師と言っても毎日、定刻で退社できるとは限りません。サラリーマン同様に残業が多いところもあります。
 ライフバランスを考えての転職を考える方も多いのです。病院勤務では比較的、残業は10時間くらいと少ないと
 いう話です。そういう意味では病院勤務が選択肢に入ってきてもいいかもしれません。
5)安定感がない。調剤薬局ですとそこは企業なので売上が良いと殊遇は良いでしょうが逆に売上が悪いとその逆に

 なるというリスクもあるという点です。病院ですとそこまで業績に左右されるのは少ないです。調剤薬局で大きな
 利潤を得るか安定した病院勤務かと悩む方も多いのではないでしょうか?

 

実際に転職活動をしてみると?

ではあなたが転職活動をしてみると実際どうだったのでしょうか?先のケースにあてはめて考えてみましょう。
1)面接するのは社長。そこが病院と違うところです。よくあることですが採用担当者と仕事をするわけではない
 のです。現場の人と仕事をするのです。そこを間違えると人間関係を構築するという重要な問題解決には至り
 ません。また、正社員やパートさんが混在する状況ではなかなか上手くいかないことも多いようです。
2)スキアップを目指して転職する人の場合は元の職場での処遇が良い場合があります。具体的には年収が同年代より
 すでに良いということです。そこを上手く転職先に自分のキャリアアップを目指すことを示さないと年収のことが
 ネックになってしまい頓挫する可能性もあります。そこは薬局も病院も同じかもしれません。
3)どこの職場も一応、「産休育児休暇は取得できる」となっていますがいつまで取得可能かは事業主にまかされて
 いる場合もあり、不安な部分があります。病院の場合はよほど小さな病院でない限りそのような事態にならないと
 思います。
4)これは実際に働かないと分からないという不安があります。自分で探す範囲ではそこまでの情報を聞き出すのは
 難しいと思います。薬局でも病院でも内情が外からわかるのは稀だと思ってください。

 

病院勤務になるにはどうすれば良い?

そこで利用するのはその道のプロであるキャリアコンサルタントがいる人材紹介会社を利用するのです。
そのメリットはなんと言っても折衝のプロというところです。あなたの条件に見合う募集案件を探してくれることが
彼らの仕事なのですから上記の問題に関してもキャリアコンサルタントなんらこのように解決してくれます。
キャリアコンサルタントは薬剤師転職市場動向にも詳しいのであなたにピッタリの募集案件を紹介してくれる
でしょう。
1)職場の状況をしっかり把握してくれて例えば古参の社員はいないか?正社員だけでパートの人はいないか?などの
 職場をピックアップして問題解決にあたります。
2)転職先にキャリアアップを目指していることを説得します。その為にも管理職候補であり将来は管理職になる人材
 であることを説得し年収というネックを解消することに努めます。
3)育児休暇については育児介護休業法で子どもが3歳未満の場合は時短勤務を認めることが義務付けられている
 一方で、3歳以上の小学校就学前の子どもについて時短勤務を努力目標に留めています。そこで勤務地がその努力
 目標を制度化しているところを見つけ出してライフスタイルに合った環境を見つけ出します。
4)これこそキャリアコンサルタントの手腕が発揮されるところです。企業側に転職者のスキルをアピールし、有能な
 人材であることを訴えて好条件を引き出すことが可能です。

 

人材紹介会社を使えば良いのはわかったけど他にメリットは?

まず、個別で面談すると個人情報が先方に行ってしまうことがあります。しかし人材会社での募集を使えば個人情報
が漏れることがありません。また、条件に納得いかない場合もコンサルタントが募集にお断りを入れるので面倒な
ことにわずらされることもありません。
また、人材紹介会社に登録しておくと一人で転職活動すると募集案件に対して一件一件周らないといけませんが同時
に複数の募集案件にとりかかれることです。このことで可能性を広げることができ、より好条件の募集転職先を
見つけるられます。

 

では、どこの人材紹介会社が良いのでしょうか?
まずは薬剤師についてよく熟知しているキャリアコンサルタントがいる会社が良いでしょう。その業界を知らない
コンサルタントに頼むと単に募集の紹介で終わってしまいます。業界のことを知ってもらっているキャリコンサル
タントがいるところが絶対にお勧めです。そして、キャリアコンサルタントの経験、知識が豊富なのは勿論重要に
なります。薬剤師転職市場動向や病院の事情に詳しい会社が良いでしょう。具体的には折衝力や業界のトレンドを
掴んでいる人にサポートされるのとされないのでは募集内容や転職に雲泥の差が出ます。
有能なキャリアコンサルタントがいる人材紹介会社を選ばれるのが間違えない転職活動ともいえます。

 

ではどこで転職先を探せば良い?

具体的に転職先を探すにはどうすれば良いのでしょうか?一番効率が良いのはインターネットの転職サイトに
登録することです。その中でも私がお勧めするのは「薬剤師転職ドットコム」です。
なぜこのサイトを私がお勧めするのか説明致します。

 

理由1.専任のコンサルタントがつく
    申し込みをしてからあなた専任のコンサルタントが責任をもって対応します。
理由2.しっかりしたキャリアカウンセリング
    あなたの都合の良い日時にあわせ専任のコンサルタントがマンツーマンであなたのキャリアカウンセリング
    を行います。
理由3.業界No.1クラスの求人数
    東証一部上場の薬局グループも手がける「薬剤師転職ドットコム」は、業界No.1クラスの医療機関・企業
    ネットワーク、求人数があります。
理由4.マッチング率の高い求人紹介
   専任のキャリアコンサルタントがあなたのご経験やスキルだけではなくパーソナリティやキャリアプランも
   考慮した上で、マッチングした求人先をご紹介します。
理由5.求人票だけでは分からない情報提供
    職場の雰囲気や経営状態、募集背景など、あなたが「本当に知りたい」情報を提供します。
理由6.条件が合うまで折衝します。
     場合によっては専任のコンサルタントが同行し交渉をお手伝いします。納得がいくまで交渉することが
     できますし「言った言わない」などのトラブルも起こりません。

 

病院薬剤師募集中!今こそ病院薬剤師になれるチャンス!

 

これだけのサービスを提供してもなんと無料です。無料会員登録すればこのサービスを受けることができます。
いますぐ転職を考えてなくても他の薬局ではどうのような処遇なのか知ることもできます。条件が良ければ改めて
転職を考えるのも良いでしょう。まずは無料会員登録をして様子を見てはいかがでしょうか?「病院薬剤師になる
には?」「病院薬剤師募集はしているの?」と疑問を持たれたなら尚更です。情報を収集してより募集内容が良く
もらえるような環境を探すべきだと私は考えます。尚、無料料会員登録は下記リンクから可能です。
「売り手市場」の今こそあなたの給与改善のチャンスです!あなたのよりよい未来の為にもまずは最初の一歩を
踏み出してみてください。あなたの未来に明るい希望が訪れることを私は祈っています。
貴重なあなたの時間を割いて最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

 

薬剤師の転職なら【薬剤師転職ドットコム】

 
ホーム RSS購読